はじめまして

スタッフ白石です
これから私もスタッフブログを始めようかと思っています
webがよく分からず格闘中ですが
よろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。

こんにちは、スタッフ高橋です^ ^
年が明けて1週間が経ちましたが、
皆さんお正月気分は抜けましたでしょうか?
今年は三が日が終わってすぐ仕事始めだったので
あっという間のお休み!という気分でした。

さて
お正月に、今年の抱負を考えましたか?
誰もが「今年はいい年にしたいなぁ」と思いますよね☆
そして何かしら、新しいことに挑戦したいと思ったりしませんか?

私は今年、水泳とマラソンに挑戦しようと思っています!
実を言うとマラソンは毎年「今年こそ走りたいなあ」と思いつつ
トレーニングすらせずに過ごしてきました 汗
今年こそ、マラソン大会に出場して10km完走します!

水泳は、現状では平泳ぎしかできないのですが
今年はクロールで1km、綺麗に泳ぎたいと思っています!

そこで!
先日早速、水着を買ってきました!
水着がなければ始まらないですからね。
そして温水プールに通うことにしました。
水泳教室にも通えたらいいなあと思っています。
我流で泳ぐより、ちゃんとした人に教わりたいですからね。

マラソンも、まずは大会にエントリーしてしまう!
というのが原動力になりそうな気がしています。
どの大会に出場するか、これから考えていきます♪
そしてシューズを買って、ウェアを買ってと
まずはカタチからですけれど 笑

取り敢えず道具を揃える、というよりは
お気に入りの水着やシューズなどで
ワクワクしてモチベーションを上げる!
といった感じです。

子どもの頃、初めて傘と長靴を買ってもらって
家の中で傘さして長靴履いて!雨でもないのに外に出て!
ワクワクした時のように♡

まだまだ他にも、
今年やりたいことや、行きたい場所や会いたい人など
挙げればキリがありません!

でもベースは、
毎日を丁寧に生きることだな、と思っています。
忙しさに追われると、気付かぬうちに
自分のことを二の次にしてしまいがちですが
周りよりもまず自分を一番大切にしたいです。

どうか皆さんも、自分を一番大切に
この一年をお過ごしくださいね♡

2016年が皆さんにとって素晴らしい年でありますように♡
心よりお祈りいたします!

 

私のブログ投稿はこれが最後となります。
今までお付き合いくださり、ありがとうございました☆

高橋

2015年ありがとうございました☆

こんにちは、スタッフ高橋です^ ^
今年の冬は暖かくて、今日もクリスマスイブだというのに
雪もなくポカポカ陽気!
もうすぐ年の瀬という気持ちさえわかずにいる12月下旬です。

今年は、スタッフブログをなるべくたくさん更新しようと
ポジティブワードをテーマに書いてみたりしましたが
後半になるにつれてペースダウンしてしまいました。
ブログを書くメンバーも増員する予定でしたが調整がつかず!でした。
来年こそは、複数のメンバーで多彩なブログになると信じましょう☆

わたくしごとですが、来年の1月で任務終了となります。
今まで私の拙いブログをお読みいただいた皆様、ありがとうございました!
私の書くブログはせいぜい年明けにあと1回くらい?と思いますが
今後とも吉田印刷スタッフブログをご愛顧いただければ嬉しく思います。

この先、誰がどんな言葉を綴るのか、私自身も楽しみにしているところです。
是非とも応援のほどよろしくお願いいたします!

今日はクリスマスイブ♡
みなさんhappyなクリスマスをお過ごしくださいませ^ ^
そして良いお年をお迎えくださいね!

ここまで読んでいただきありがとうございます^ ^

沖縄☆万国津梁館

こんにちは、スタッフ高橋です^ ^
最近めっきり寒くなってきたので、掛け布団を新調しました!
古いお布団はかれこれ15年以上使ってきたのですが、
新しいものは軽くて温かくていいですね!寝心地最高です♡

さて、前回に引き続き、今回も沖縄旅行の話を。

沖縄県北部の名護市にある、万国津梁館(ばんこくしんりょうかん)に行ってきました。
と言っても宿泊したホテルの敷地内にあるので、散歩がてらブラリとですが。

bankoku01

敷地を歩いていると、看板が。
万国津梁館の敷地内にあるカフェテラスです。

bankoku02

扉の向こうには、階段があります。
ここを登っていきます。

 

bankoku03

階段の次は坂道。
既に汗が・・・

 

bankoku04

植物越しに見える海がキラキラと綺麗。

bankoku05

坂を登りきると建物が見えました!

bankoku06

万国津梁館の文字が刻まれています。

bankoku07

シーサーがお出迎え・・・
しかしながら、この日は万国津梁館の建物内に入ることはできませんでした。残念。

でも隣にあるカフェテラスは営業中なので、そちらへ。

bankoku08

テラスからの眺め。
沖縄の海がまばゆいです!

bankoku14

汗だくなのでアイスコーヒーを注文。
そして黒糖パフェも食べました(笑)

さて、万国津梁館とは。
今から15年前の2000年に行われた、九州・沖縄サミット。
その会合場所として使用されました。
隣接しているホテル、ブセナテラスのクラブコテージには、
各国の首脳たちが宿泊されたとか。
(クラブコテージは泊まったことありませんが!)

同じ景色を彼らも眺めたのかと思うと感慨深いですね!

テラス席は西日がまぶしすぎて、
ティータイムもそこそこに退散(笑)
おとなしく室内でお茶すれば良かったと後悔しつつ、再び外を散策します。

bankoku09

こんな南国っぽい植物があったりして、いかにも沖縄な感じです。

bankoku10

改めて正面から撮ってみました。
次に訪れる時は、中も覗いてみたいものです。

bankoku11

東側からの海も綺麗です。
この辺一帯は名護湾のようですね。

bankoku12

沖縄サミットの立役者、当時の小渕総理の銅像があります。
今ではすっかり見掛けなくなりましたが、2000円札を作った人でもありますね(以前は沖縄でよく見掛けましたけど)。

bankoku13

宿命に生まれ
運命に挑み
使命に燃える

個人的に
小渕元総理には、もう少し長生きして欲しかったです。

最後に
万国津梁館から戻って、ホテルから見たサンセット。
美しすぎるのでシェアします♡

sunset

大好きな沖縄で
久しぶりにカメラをぶら下げ楽しくお散歩できました♪
また沖縄に行きたいです!

そして帰ってきてからの温度差(沖縄の最高気温30℃→盛岡の最低気温5℃!)にやられ、ちょっと風邪気味です。
皆さんも体調にはくれぐれもご注意くださいね。

ここまで読んでいただきありがとうございます^ ^

沖縄☆ニライカナイ橋!

こんにちは、スタッフ高橋です^ ^
あっという間に10月、今年も残すところ3ヶ月弱まで来てしまいました!
そろそろ来年のカレンダーを作らねば、と思う今日この頃です。

先日は岩手山に初冠雪!というニュースを見て、
慌てて窓を開けたら雲の下に見える白い岩手山。
秋本番と思いきや、冬の足音が近づいてきていますね。

そんな中、わたくしごとで恐縮ですが、沖縄旅行に行ってきました。
爆弾低気圧で本州は大荒れという天気を逃れ、沖縄の空は快晴!
最高気温が30℃!という夏のような気候を満喫してきました。

沖縄は大好きな場所で、もう何度も足を運んでいるのですが
今回初めて行った場所があります。

それは、ニライカナイ橋です。
沖縄県の南東部、南城市知念という場所に、S字になっている橋が掛かっています。
ちなみに、ニライ橋とカナイ橋の2つに分かれているらしいのですが、その辺はよく分かりませんでした(笑)

橋を車で走るのもいいのですが、車を停めて、小高い場所から橋を眺めることもできます。

1

この道をのぼっていくと・・・

2

このような景色に出会えます!

青い空、青い海!そしてニライカナイ橋!
写真の左端には、神の島と言われる久高島が見えます。
(橋に気を取られ、久高島を上手に収められませんでした・・)

ニライカナイとは(Wikiより引用)

遥か遠い東(辰巳の方角)の海の彼方、または海の底、地の底にあるとされる異界。

豊穣や生命の源であり、神界でもある。年初にはニライカナイから神がやってきて豊穣をもたらし、年末にまた帰るとされる。また、生者の魂もニライカナイより来て、死者の魂はニライカナイに去ると考えられている。琉球では死後7代して死者の魂は親族の守護神になるという考えが信仰されており、後生(ぐそー:あの世)であるニライカナイは、祖霊が守護神へと生まれ変わる場所、つまり祖霊神が生まれる場所でもあった。

全てが生まれて帰る場所、なのでしょうね。
そして、ニライカナイ橋の向こうに見える久高島が、神の島。
ここから少し車を走らせると、世界遺産でもあるパワースポット「斎場御嶽(せーふぁうたき)」もあり、この辺一体が聖地となっています。

今回は、久高島や斎場御嶽には行きませんでしたが、いつか行きたい場所です。
浮かれた観光気分ではなく、心から祈りを捧げる神聖な場所として行きたいものです。

まだまだ沖縄旅行のお話を書きたいと思います。
次回もお楽しみに☆

ここまで読んでいただきありがとうございます^ ^

 

秋田駒ヶ岳☆

こんにちは、スタッフ高橋です^ ^
あっという間に9月も下旬を過ぎて、もう10月間近!
お彼岸も今日で明けますね。
日に日に日没が早くなって、本格的な秋の夜長到来ですね。

さて、先日は秋の大型連休、いわゆるシルバーウィークでしたね。
弊社でも4連休となりました。
木曜と金曜を休暇にして最大9連休という方もいらっしゃるのでしょうね!
連休中は天候に恵まれた行楽日和でしたが、皆さまは何処かお出掛けされましたでしょうか?

私は、20日に秋田駒ヶ岳に行ってきました!
とはいえ本格的な登山ではなく、8合目登山口からぐるりと周回する山歩きになりました。

秋田駒ヶ岳には初めて行ったのですが、そもそもひとつの山ではなく「男女岳(おなめだけ)」「男岳」「横岳」などの総称なのだそうですね!
そんなことも知らずに山に向かってしまいました。
しかも活火山のため「警戒レベル1」。山は常に危険と隣り合わせです。

シーズン中はマイカー規制があるため、田沢湖スキー場の近くにある「アルパこまくさ」から、8合目登山口までバスで向かいます。
しかしながらマイカーで向かいたくないような細道!そこをバスが走っていきます。運転手さん神業です!

登山口からは新道で阿弥陀池を目指します。
最初は青空が見えていたのですが、登るにつれ風が強くなり、徐々にガスが掛かってきました。
直前まで雨が降っていたこともあり、足元には結構深い水たまりもあったりで、ちょっと歩きにくかったですが、それでもどうにか阿弥陀池までたどり着きました。

12032156_530046630478574_7409742919508114056_n

阿弥陀池に付くと、ガスが一瞬晴れて綺麗な紅葉が見られました!
なにやら紅葉は一番の見頃のようでした。綺麗な景色を見られて良かったです☆

風は相変わらず強く、お昼も近かったので避難小屋で昼食を摂ることに。
その後、男女岳を目指そうとしたのですが、ガスが掛かりっぱなしだったので今回は中止にして、ぐるっと回って下山することにしました。

12042669_530046673811903_301376181452737442_n

12036621_530046660478571_4111468854439064291_n

12036944_530046690478568_4033490262919147239_n

気持ちいいほど晴れていたり、驚くほどガスっていたり、衝撃的な山道!だったりと、天気も道も気持ちもコロコロ変わるトレッキングになりました。
無事帰ってこれて良かったです(笑)

次回は、しっかりと男女岳の山頂にたどり着きたいです。昨年も岩手山に登りつつ天候不順のため8合目で下山したので、山頂へたどり着きたい想いがかなりあります!
そしてまた、別の山にもアタックしてみたいですね☆

11223758_530046637145240_3798017925530588690_n

登山は年に1〜2回の「にわか山ガール」高橋でした☆

ここまで読んでいただきありがとうございます^ ^

環水平アーク☆

こんにちは、スタッフ高橋です^ ^
あっという間にお盆休みが終了してしまいましたね!
そして盛岡は、心なしか涼しさを増して秋の気配を感じます。
暑い夏がダラダラと続くのは勘弁ですが、夏が終わるのはちょっと寂しい気もしますね☆

さて、お盆休みに見た光景をご紹介します。niji

晴れた空に、きれいな虹?
この風景は宮城方面へ出掛ける途中、花巻辺りで見ることができました。

これは虹ではなく「環水平アーク」というものらしいです。
Wikiによると

環水平アーク(かんすいへいアーク、英語:circumhorizon arc、circumhorizontal arc)とは、大気光学現象の一種で、太陽の下46度の水平線上の薄虹色の光の帯が見えるもの。水平弧水平環 とも呼ばれる。大気中の氷晶太陽光屈折して起こるもので、太陽高度が58°以上の時にしか出現しない[1]

という現象で、非常に珍しいものです!
と言いつつ私は過去にも2度ほど見ているのですが、こんなに綺麗な環水平アークは初めて見ました!

ものすごく綺麗だったので、クルマの助手席から慌てて写真を撮りました☆
なんだか幸せを呼び込みそうな写真だったので、ここでシェアさせていただきますね!

環水平アークは、夏至をはさんで半年間くらいの間のお昼頃、上空の高いところが湿った状態で、下方にあまり雲がないという条件が揃えば見ることができるようです。
この日はちょうど朝方に雨が降った後で、上空は湿っていたのかもしれませんね。
何はともあれ綺麗な景色を見ることができて良かったです!

これを見た皆さんもHappyな気持ちになりますように♡

ここまで読んでいただきありがとうございます^ ^

 

向日葵☆

こんにちは、スタッフ高橋です^ ^
連日暑い日が続いておりますが、盛岡は朝晩、若干涼しくなってきたような気がします。
お盆が過ぎれば一気に秋へと向かうのでしょうか?
暑い夏が続くのは勘弁ですが、夏が終わるのは少し寂しい感じがしますね。

さて、夏休みにおすすめのスポットをご紹介いたします♪

盛岡の隣町、弊社オフ輪工場もある矢巾町に、向日葵畑があります!
先日、観に行ってきました^ ^

himawari

この日(8月9日)はまだつぼみが多かったのですが、このお盆休み期間中はきっと見頃になると思います♪
南昌山をバックに咲くたくさんの向日葵は圧巻です!
小高くなっている場所があるので、そこに登って撮影するのがおすすめですよ☆

場所は矢巾町の煙山公園の隣となっております。
詳しい情報は→こちらをご覧ください
夏休みの思い出に是非足を運んでみてくださいね!

なお、誠に勝手ながら、弊社は明日12日から16日まで夏期休業とさせていただきます。何卒ご了承願います。

本日もスタッフブログを読んでいただき、ありがとうございます!

お彼岸。

こんにちは、スタッフ高橋です^ ^

先日から春のお彼岸、そして明日は春分の日ですね!

以前、ブログで一度書いたことのあるお話ですが、
春のお彼岸に食べるのは「ぼたもち(牡丹餅)」
秋のお彼岸に食べるのは「おはぎ(お萩)」

と言います。
それぞれ春の「牡丹」と秋の「萩」から名前が付けられているんですね!

そして実は、夏と冬にもそれぞれ呼び名があるのです!
以下は、過去ブログより

ぼたもちを作るとき、もちをペッタンとつかないため
「搗(つ)き知らず」と言われ

それが転じて、
夏は「夜は暗くて船がいつ着いたのかわからない」
即ち「着き知らず」で「夜船」と呼ばれ

冬は「月が見えないのは北の窓」ということで
「月知らず」で、「北窓」と呼ばれるのだそうです

ということで、
四季を通してそれぞれに風情のある名前の食べ物のようです。
でも「通称:おはぎ」でいいんじゃないかしら(笑)

さて「彼岸」という言葉ですが
仏教の言葉で「欲や煩悩から解放された世界」という意味だそうです。
反対側はいわゆる此方の岸「此岸(しがん)」と言って
私たちの住む、欲や煩悩であふれた世界のことを指すのだそうです。
「彼岸」は東、「此岸」は西を指し、太陽がちょうど真東から真西を通る春分の日と秋分の日を「お彼岸」としたのだそうです。
「彼岸=あの世」「此岸=この世」と考えると、
あの世(東)からこの世(西)にご先祖様が帰ってくる日、になるのでしょうね。
ということは今頃、ご先祖様帰省ラッシュのピークでしょうか(笑)

お彼岸について、こちらのページを参考にさせていただきました。
All About 2015年 お彼岸の時期と常識
「此岸(しがん)」と「彼岸(ひがん)」

そしてお彼岸といえば、お墓参りですね^ ^
太古の昔から、ご先祖様がずっと繋いでくれた命あっての自分です。
お墓参りに出掛けて、お墓を綺麗にして、ご先祖様に手を合わせて、今ここに生きていられることに感謝!したい日ですね☆
お墓参りに行けなくても、ぼたもちを頂きながらご先祖様に感謝しましょう^ ^

本日もスタッフブログを読んでいただき、ありがとうございます!

4年経って思うこと。

こんにちは、スタッフ高橋です^ ^
今日は震災について、ごく個人的な思いを書かせていただきます。

3月11日、東日本大震災から4年の月日が流れました。
この季節の空を見ると、どうしてもあの日の記憶が蘇ります。

もう4年なのか、まだ4年なのか。
テレビを付ければ「被災地」の特別番組や、「復興支援」の歌番組など。
果たしてこれらはあと何年続くのだろうと考えてしまいます。

「被災地」と呼ばれなくなる日は
「復興支援」されなくても良くなる日は
あとどれくらいでやってくるのでしょうね。

そしていつか、そんなことがあったんだということさえも
忘れられてしまうかもしれませんね。
当事者にとっては、忘れたくても忘れられない日ですが
ここがかつて被災地だったとは思えないくらいの復興」をすれば、
もしかしたら当事者以外の人たちは忘れちゃってもいいのかもしれませんね。
あくまでも私個人の考え方ですけれども。

1269414_574323322614906_1007928810_o

海と生きること。
以前、地元に帰ったときに偶然出会った、亡き父親と同姓同名のおじいちゃん。
おじいちゃんの言っていた「津波がくるのは仕方のないことだ」という言葉。

日差しが降り注ぐように、雨が降るように、風が吹くように、
地震だって起こるし、津波だって起こるのです。
それは地球上で生きている限り、必ずいつかどこかで起こること。

その昔の三陸大津波でも、たくさんの人が犠牲になったにもかかわらず
海辺に住むことを選び、船を出し漁をして今まで暮らしてきました。

高台移転や大きな防潮堤も素晴らしい案だと思いますが
海と共に生きる覚悟を決めて、再び海辺に家を建てて船を出すことも
私は素晴らしいことだと思います。
もちろん防災面では今まで以上に計画が必要だと思いますが。

この先どのように被災地が変わっていくのか
正解はひとつではないですが
一日も早く、被災前よりも素敵な場所に生まれ変わることを心から願います。

これから3月11日という日が、
優しさや前向きな明るさで包まれる日になりますように。

犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたします。
合掌