ありがとう、に変える。

こんにちは、スタッフ髙橋です^ ^

巷ではインフルエンザが大流行中ですが、皆さんは大丈夫でしょうか?
私は風邪引きそうだなーと思ったら、卵酒を作って飲んでいます!
お陰様で毎日元気に過ごしております♪

ちなみに卵酒を作るときは、溶き卵のほうに少しずつお酒を注ぎます。
逆だとかき玉汁みたいになっちゃいますので気をつけてくださいね☆

さて、前回の記事の続きを書こうと思ったのですが、どうも上手くまとめられないため、一旦寝かせておくことにします。
楽しみにしてくださった皆さま、もう少しお待ちくださいね☆

そんなわけで今回のテーマは「ありがとう、に変える」こと。

普段、何気なく使ってしまう「すみません」や「ごめんなさい」という言葉。
これを「ありがとう」に変えようというお話です。

例えば道を歩いていて、財布を落としたとしましょう。
道行く人がそれを拾って「財布、落としましたよ!」と渡してくれました。
その時「すみません」と言うより「ありがとう」と言う方が、自分も相手もいい気分になると思いませんか?

「すみません」と言うと、
拾ってくれた人に迷惑を掛けたため謝罪、という気持ちがしてしまいます。
拾った人も「すみません」と言われると「別に謝られるようなことしてないけどなー」と思ってしまったり。

それを「ありがとう」に変えれば、
拾ってくれた人の善意に感謝、という気持ちに変わりませんか?
拾った人も「今日はいいことしたな♪」と、気持ち良くその場を去れますよね☆

日本人独特の「奥ゆかしさ故の美徳」とは思いますが、必要以上に自分を卑下しなくても良いのでは?とも思います。
頭の中では「すみません=ありがとう」なのだろうと自動変換してみたりもするのですが、どちらかというとネガティブワードですよね(^ ^;;

「すみません」だと、相手と自分の関係性が<win-lose>になりますが
「ありがとう」なら<win-win>です。
どのみち相手が<win>ならば、自分も<win>になれる「ありがとう」の方がいいですよね^ ^

周りも自分も「すみません」や「ごめんなさい」を感謝すべき場面で無意識的に使ってしまっていることが多々あります。
いきなり全てはできなくても、少しずつ意識的に「ありがとう」に言い換えてみてはいかがでしょうか♪

そしてもちろん、本当に謝罪するべき場面では、きちんと「すみません」や「ごめんなさい」を言わなくては!ですね。

本日もスタッフブログを読んでいただき、ありがとうございます!

幸せの感度。

こんにちは、スタッフ髙橋です^ ^
明日は大寒!
一年でもっとも寒いと言われる時期ですね。

寒い時期は、あったか〜い温泉に行きたくなります☆
露天で雪見風呂♪なんていうのも最高ですね^ ^

さて、本日もポジティブワードをテーマにします。
今回は「幸せ」です。

あなたは今、幸せですか?
不景気だし毎日大変で、幸せどころじゃないよー
と言う人もいるかもしれませんね。

例えば

結婚して幸せ♪
子どもが産まれて幸せ♪
受験合格して幸せ♪
就職決まって幸せ♪
プレゼントもらって幸せ♪

など、
幸せと感じるには何らかのイベントが発生しなければならない
と思ってしまいがちですよね。
でも、果たして本当にそうでしょうか?

前回のテーマ「感謝する、ということ。」に通じるものがありますが

目の前の小さなことを「幸せ」に感じること
つまり、「幸せ」の感度を低くすると、実はたくさんの「幸せ」に満ちあふれていることに気付きませんか?

道ばたに可愛い花が咲いていて幸せ♪
働いて給料をいただけて幸せ♪
自分の足で歩けて幸せ♪

何でもいいんです。
目の前で当たり前に起こっている出来事をすべて幸せと思えれば☆

しかしながら

花が咲いていなければ不幸
働かなければ不幸
自分の足で歩けないのは不幸

など
○○できれば幸せで、できなければ不幸
と考えないでいただきたいのです。

できないことを数えだしたらキリがないです。
だからこそ、小さな「幸せ」を数えたほうがいいと思うのです☆

弊社の行動指針
「常に明るく前向きに、素直な心で仕事をする。」
の解説に、こんな言葉が書いてあります。

物事を否定的に見たり、批判ばかりしてはなりません。(中略)
否定的なことばかり考えているとその心が本当に不運を呼び寄せてしまいます。

不幸なことばかり数えていたら、どんどん不幸になっちゃいますよね↓
でも、幸せなことを数えていれば、自然と幸せなことに意識が向いていって
どんどん幸せ方向に進んでいけると思います♪

毎日、小さな幸せ探しをしてみてはいかがですか?
いつか大きな幸せにたどり着くかもしれませんよ^ ^

「幸せ」については、もうひとつ書きたいことがありますので、また次回に。

本日もスタッフブログを読んでいただき、ありがとうございます!

感謝する、ということ。

こんにちは、スタッフ髙橋です^ ^

2015年が始まって半月が過ぎました。
さすがにお正月気分は抜けきりましたでしょうか?
我が家では昨日ようやく、鏡開きしたお餅を食べ終わりました(^^;;
これでお正月終了といった感じですね。

なす川くんカレンダーのダウンロード配信、多くの方にご利用頂いております!
ダウンロードしてくださった皆さま、ありがとうございます!
お茶の間になす川くんが浸透していると思うと幸せです☆

さて
2015年は「ポジティブワード」をテーマに掲げてブログを書いていきます。
今回とりあげるのは、「感謝する」ということです。

すなわち、「ありがとう」ということですよね^ ^

弊社の行動指針にも
「利他の心を持ち、感謝の気持ちは言葉で表す」とあります。

些細なことでも「ありがとう」と言われると、嬉しいですよね。
でも自分から「ありがとう」と言うのは、どこか気恥ずかしい感じがして、思っていても口には出しにくいものです。
ありがとうと思っているだけでは何も伝わらない訳ですから、言葉で伝えたほうがお互いに良い気分になりますよね☆

そして身近な人への感謝の気持ちは、「当たり前」という気持ちにすり替わってしまうこともあります。

毎日ご飯が食べられるのは、それを作ってくれる人がいるから。
お店で欲しいものが買えるのは、それを作っている人、売っている人がいるから。
毎日働いてお給料がもらえるのは、そこに仕事があってお客さまがいるから。
人は人に支えられて生きていますね!金八先生も言ってました☆

当たり前と思えることも、実は当たり前ではないのだということ。
東日本大震災で、インフラが滞った時に痛感しました。
電気が使えること、蛇口から水が出ること、物流が整っていることのありがたさ。
すべてそれを動かしている人たちがいるからこそですよね。

そういえば明日は、阪神淡路大震災から20年の日ですね。
朝起きてテレビを見たときの衝撃は、今でも忘れられません。
当たり前に感じている「いつもどおりの今日があること」にも感謝!ですね。

今日は、身近な人に「ありがとう」を伝えてみてはいかがですか♪

今日もスタッフブログを読んでいただき、ありがとうございます!

ポジティブワード☆

こんにちは、スタッフ髙橋です^ ^

先週の金曜日は、弊社毎年恒例の新年会でした!
お腹いっぱいの美味しいお料理にお酒、クジ引き抽選会もあり
社員一同わいわいガヤガヤと楽しいひとときを過ごしました。

「コミュニケーションデザイン」を謳う弊社ですので
社員が顔を合わせてコミュニケーションを図るのは大切ですよね!

さて、2015年も始まって半月近く経ちますが
私個人としての抱負を書かせていただきますね☆

先ほど、仕事の資料集めでネット徘徊していたときに偶然見つけた
アサヒコミュニケーションズ」さんのサイト。
こちらの「伝わる研究所」の中で書かれていた「ポジティブに伝え続ける言葉選び。」という記事に共感したので、勝手ながら紹介させていただきます。

病気になって手術を受けるとなったときに医師から

「99%の確率で成功します。」と言われるのと、
「1%の確率で死亡します。」と言われるのでは、

確率は同じなのに、受け取る側の気持ちとしては
とても大きな違いがありますよね。

と書かれているように
人は言葉の選び方ひとつで、同じ事象を
ポジティブにもネガティブにも捉えることができるのですよね。

それならば、少しでもポジティブな言葉を選んでいけばいい☆

「〜しちゃダメ」「〜は良くない」とネガティブな縛りを設けるより
「どうすればいいか」の提案を考えた方がいいと思うのです。

子どもをしつけるとき
10のうち9つ出来なかったことを叱るより、
1つ出来たことを褒める方がどんどん伸びるそうです。
それって、大人になっても同じですよね^ ^

出来なかったことを叱られ続ければ
自分は何をやってもダメなのだと、やる気をなくしてしまいます。
これでは、ネガティブのスパイラルに陥ってしまいますよね。

やっぱり褒められた方が嬉しいし、俄然モチベーションも上がります。
出来たことを認められると、次はもっと頑張ろうと思えますから。
ポジティブのスパイラルに乗れば、きっと自分も周りも成長できますよね♪

アサヒコミュニケーションズさんの記事にはこんなことも書いてありました。

アサコミでは、クルー全員が必ず携帯しているものがあります。
それは、会社のルールブック「asahi style」です。

「禁止事項マニュアル」としてのネガティブなルールブックではなく、
「目標達成マニュアル」としてのポジティブなルールブック。

ポジティブなルールブック!なんて素晴らしいのでしょう!
弊社でも、こんな素敵なルールブックを作ってみるのもいいかもしれませんね!

そんな訳で、スタッフ髙橋の今年の抱負は「ポジティブワード」です。
2015年のスタッフブログはポジティブワードで埋め尽くしたいと思いますので
是非ともご愛読のほどよろしくお願いいたします(*^ ^*)

新年☆

こんにちは、スタッフ髙橋です^ ^
2015年も吉田印刷スタッフブログをよろしくお願いいたしますm(_ _)m

年末にダウンロード配信を開始した、なす川くんのカレンダー
多くの皆さまにダウンロードして頂き、ありがとうございます!
お部屋の壁や机の上などで、きっとお役に立てていることと思います☆
1年間、ご活用いただけますと幸いです!

ツイッターをされている方は、是非 「#なす川くんカレンダー」で
完成したカレンダーをアップしてくださいね♪
フェイスブックページへの投稿もおまちしております☆

なす川くんのツイッターは→こちら
吉田印刷フェイスブックページは→こちら

そしてまだダウンロードしていないという、そこのあなた!
今度の三連休あたりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
なす川くんサイコロカレンダーのダウンロードは→こちら

さて、今日は七草の日ですね。

「せり なずな
 ごぎょう はこべら
 ほとけのざ
 すずな すずしろ
 これぞ七草」

私はこれを数年前に「サザエさん」の波平さんに教わりました。
五・七・五・七・七のリズムで覚えると覚えやすいですね♪
それでも毎度この七つのどれかを忘れてしまいますが^^;;

最近はスーパーなどでセットが売られているので
比較的七草を手に入れやすい環境だと思うのですが
皆さんは七草がゆを作って食べていらっしゃるのでしょうか?
ちなみに私は食べたことがありません。

東北地方にはもともと七草がゆの風習がないのでは?
と思い、ウィキペディアを覗いてみたのですが
岩手にも七草がゆというものは存在するものの、上記のような七草ではなかったり
秋田や青森では「けの汁」、山形では「納豆汁」だったり
私の故郷(岩手県沿岸部)では、お雑煮と同じものを食べるという風習だったり。
各地の七草がゆの違いが見られておもしろいです。

ちなみに私の故郷のお雑煮の食べ方は
大根・人参・ごぼうなどの入ったお汁にお餅を入れ
そのお餅を別添えのクルミだれにつけて食べます。
この食べ方は宮古・下閉伊地域では一般的なものですが、
内陸の人たちにはなかなか受け入れられません^^;;
美味しいのになぁ。

七草がゆを食べるのは
正月に飲み食いし過ぎた胃を休めるため、とも言われていますので
このお正月に飲み過ぎたという方は、今日を休肝日にしてみるというのはいかがでしょう?

かくいう私も食べ過ぎの毎日だったので、
今日は控えめに食べたいと思います^ ^