今を生きること。

こんにちは、スタッフ高橋です^ ^

先日の猛吹雪が嘘のように、春の暖かな陽気の盛岡です♪
心なしか花粉もキャッチしているような鼻もと…汗
いつもの通勤路では、蕗の薹や桜の花芽などを発見!
盛岡はあと1か月くらいで桜を始め様々な花が一斉に咲き始めます^ ^
いまからお花見ドライブに思いを馳せて、ワクワクです♪

さて、今日も元気にポジティブワードを発信していきます!
今回のテーマは「今を生きる」こと。

皆さんは「今」を生きていますか?
その昔「いまを生きる」という映画がありましたが(私は観ていません…汗)
当時の私は「今を生きるのは当たり前でしょうが!」と思っていました。

あれからかなりの年月が過ぎ、大人になりいろいろなことを経験し。
過去への後悔や、未来への不安や怖れなどが私に襲いかかりました。

どうしてあの時上手くいかなかったんだろう?
もしかして別の方法があったのではないだろうか?
次また同じことが起きたらまた失敗してしまうのでは?
あの時うまくいっていれば…。

といった具合です(苦笑)
そんな状態がしばらく続き、気付きました。
私、今を生きていない!と。

過去の上手くいかなかった出来事に軸を奪われ
体は「現在」にあるのに心は「後悔した過去」や「不安な未来」を生きていました。

そして、現状に満足しないで不満や愚痴をこぼすこと。
これも「昔は良かったのに」とか「もっと違う今なら良いのに」という感じで
やっぱり今を生きていない状態だと思っています。

では、今を生きるってどういうことでしょう?
そもそも「今」とは?

1年前も1秒前も「過去」です。
1年先も1秒先も「未来」です。
一瞬一瞬ごとに、私たちはアップデートされていきます。
昨日より今日、今日より明日と、最新版の私たちが常にいます。

そこへ過去のデータを上書きしたり、
まだわからない未来のデータを勝手に書き込んでみたりしても
エラーが起こるだけです!

これを書いている私も、これを読んでくださっているあなたも
「今ココ」にいます。

例えば、お腹空いたなーと感じるのは「今」です。
そして何か食べようと行動するのも「今」です。
昨日お腹が空いたことを思い出して食べたり、明日お腹が空いたらどうしようと心配しながら食べたりしないでしょう。

目の前のことにひたすら集中している時は、
きっと今を生きている時だろうと思います。

所謂「うわのそら」な時というのは、心が今を離れている気がします。

今どうしたいか、どうありたいかを感じて、行動する。
それが「今を生きる」ことだと私は思います^ ^

今は今しか味わえません。
どうせならポジティブ方向にフォーカスして楽しく味わいましょ♪

本日もスタッフブログを読んでいただき、ありがとうございます!

4年経って思うこと。

こんにちは、スタッフ高橋です^ ^
今日は震災について、ごく個人的な思いを書かせていただきます。

3月11日、東日本大震災から4年の月日が流れました。
この季節の空を見ると、どうしてもあの日の記憶が蘇ります。

もう4年なのか、まだ4年なのか。
テレビを付ければ「被災地」の特別番組や、「復興支援」の歌番組など。
果たしてこれらはあと何年続くのだろうと考えてしまいます。

「被災地」と呼ばれなくなる日は
「復興支援」されなくても良くなる日は
あとどれくらいでやってくるのでしょうね。

そしていつか、そんなことがあったんだということさえも
忘れられてしまうかもしれませんね。
当事者にとっては、忘れたくても忘れられない日ですが
ここがかつて被災地だったとは思えないくらいの復興」をすれば、
もしかしたら当事者以外の人たちは忘れちゃってもいいのかもしれませんね。
あくまでも私個人の考え方ですけれども。

1269414_574323322614906_1007928810_o

海と生きること。
以前、地元に帰ったときに偶然出会った、亡き父親と同姓同名のおじいちゃん。
おじいちゃんの言っていた「津波がくるのは仕方のないことだ」という言葉。

日差しが降り注ぐように、雨が降るように、風が吹くように、
地震だって起こるし、津波だって起こるのです。
それは地球上で生きている限り、必ずいつかどこかで起こること。

その昔の三陸大津波でも、たくさんの人が犠牲になったにもかかわらず
海辺に住むことを選び、船を出し漁をして今まで暮らしてきました。

高台移転や大きな防潮堤も素晴らしい案だと思いますが
海と共に生きる覚悟を決めて、再び海辺に家を建てて船を出すことも
私は素晴らしいことだと思います。
もちろん防災面では今まで以上に計画が必要だと思いますが。

この先どのように被災地が変わっていくのか
正解はひとつではないですが
一日も早く、被災前よりも素敵な場所に生まれ変わることを心から願います。

これから3月11日という日が、
優しさや前向きな明るさで包まれる日になりますように。

犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたします。
合掌

フォーカスする。

こんにちは、スタッフ高橋です^ ^

しばらくブログを書かないうちに、あっという間に3月!
1か月ぶりのブログになってしまいました (^^;;

今日のテーマは「フォーカスする」ことです。
つまり、焦点(ピント)を合わせることですね。

一眼レフのカメラを使ったことのある人は分かると思うのですが
焦点を絞ると、周りはボケ足が付きます。
例えばお花畑で1輪の花に焦点を絞って写真を撮れば、周りの花はボケて写ります。

これが人生にも当てはまることをご存知でしょうか?

毎日忙しくて大変だ!と生きている人は「毎日忙しくて大変」なことにフォーカスして、そればかりを中心に見てしまいます。
忙しい仕事の中にもやり甲斐や楽しさがあるのに、休日にゆっくりできる幸せな時間もあるなのに、そちらはボケ足がついてしまって気付きにくくなってしまいます。
そんなの、何だかもったいないですよね!

それならば「やり甲斐があって楽しい仕事をして、休日も充実している」ことにフォーカスすればいいのです。

「忙しい!」と言っている人でも、食事や睡眠を一切とらない人なんて、この世にはいないはずです。

「忙しくてもご飯を食べられる幸せ」にフォーカスすれば、つかの間の食事タイムを充実させようと思うようになるかもしれません。
「仕事が終わってぐっすり眠れる幸せ」にフォーカスすれば、例え短い睡眠時間でも眠りの質を上げようと思うようになるかもしれません。

わざわざ、ネガティブ方向に焦点を合わせる必要はないはずです。
焦点を決めるのは他の誰でもなく自分自身!
せっかくだからポジティブ方向にフォーカスしていきたいですね♪

本日もスタッフブログを読んでいただき、ありがとうございます!

どうしたいかを考える。

こんにちは、スタッフ髙橋です^ ^
2月に入って冬の寒さも本番!ですが、今日は節分、明日は立春!
暦の上では、もう明日から春なんですね〜☆
春だ!と考えるだけでちょっぴり暖かい気持ちになりますね^ ^
今日は元気に、豆まきをして厄をはらいましょう!

さて
皆さん、仕事や勉強、家事育児に介護など、身の回りにやることが毎日たくさんあると思います。
そして、今年こそ新しい趣味を何か始めてみたいなぁ、なんてお正月あたりに考えたりしませんでしたか?

何をするか
何をしたいか

数えてみればたくさん出てくると思います。
社会人でしたら、仕事は毎日するでしょうし
趣味を楽しむ時間も欲しいと思うでしょう。

ではここで、
「何を」を
「どう」に変換してみましょう。

どうするか
どうしたいか

仕事をするなら、どのような働き方をしたいか。
趣味を通じて、自分をどう表現したいのか。
そしてそれは何故なのか?

「どうしたいか」を考えたときに初めて、
「何をしたいか」が見えるような気がします。
そして、突き詰めていけば最終的に「ありたい自分」が見えてくると思います。

今日は節分。昔は立春が新年の始まりだったそうです。
ということは、明日は一年の計をもう一度立てるチャンスですね☆

お正月に「何をしたいか」を考えた方も、
今回は「どうしたいか」を軸にもう一度考えてみませんか?
私も、自分自身がどうありたいか、考えようと思います!

本日もスタッフブログを読んでいただき、ありがとうございます!

ありがとう、に変える。

こんにちは、スタッフ髙橋です^ ^

巷ではインフルエンザが大流行中ですが、皆さんは大丈夫でしょうか?
私は風邪引きそうだなーと思ったら、卵酒を作って飲んでいます!
お陰様で毎日元気に過ごしております♪

ちなみに卵酒を作るときは、溶き卵のほうに少しずつお酒を注ぎます。
逆だとかき玉汁みたいになっちゃいますので気をつけてくださいね☆

さて、前回の記事の続きを書こうと思ったのですが、どうも上手くまとめられないため、一旦寝かせておくことにします。
楽しみにしてくださった皆さま、もう少しお待ちくださいね☆

そんなわけで今回のテーマは「ありがとう、に変える」こと。

普段、何気なく使ってしまう「すみません」や「ごめんなさい」という言葉。
これを「ありがとう」に変えようというお話です。

例えば道を歩いていて、財布を落としたとしましょう。
道行く人がそれを拾って「財布、落としましたよ!」と渡してくれました。
その時「すみません」と言うより「ありがとう」と言う方が、自分も相手もいい気分になると思いませんか?

「すみません」と言うと、
拾ってくれた人に迷惑を掛けたため謝罪、という気持ちがしてしまいます。
拾った人も「すみません」と言われると「別に謝られるようなことしてないけどなー」と思ってしまったり。

それを「ありがとう」に変えれば、
拾ってくれた人の善意に感謝、という気持ちに変わりませんか?
拾った人も「今日はいいことしたな♪」と、気持ち良くその場を去れますよね☆

日本人独特の「奥ゆかしさ故の美徳」とは思いますが、必要以上に自分を卑下しなくても良いのでは?とも思います。
頭の中では「すみません=ありがとう」なのだろうと自動変換してみたりもするのですが、どちらかというとネガティブワードですよね(^ ^;;

「すみません」だと、相手と自分の関係性が<win-lose>になりますが
「ありがとう」なら<win-win>です。
どのみち相手が<win>ならば、自分も<win>になれる「ありがとう」の方がいいですよね^ ^

周りも自分も「すみません」や「ごめんなさい」を感謝すべき場面で無意識的に使ってしまっていることが多々あります。
いきなり全てはできなくても、少しずつ意識的に「ありがとう」に言い換えてみてはいかがでしょうか♪

そしてもちろん、本当に謝罪するべき場面では、きちんと「すみません」や「ごめんなさい」を言わなくては!ですね。

本日もスタッフブログを読んでいただき、ありがとうございます!

幸せの感度。

こんにちは、スタッフ髙橋です^ ^
明日は大寒!
一年でもっとも寒いと言われる時期ですね。

寒い時期は、あったか〜い温泉に行きたくなります☆
露天で雪見風呂♪なんていうのも最高ですね^ ^

さて、本日もポジティブワードをテーマにします。
今回は「幸せ」です。

あなたは今、幸せですか?
不景気だし毎日大変で、幸せどころじゃないよー
と言う人もいるかもしれませんね。

例えば

結婚して幸せ♪
子どもが産まれて幸せ♪
受験合格して幸せ♪
就職決まって幸せ♪
プレゼントもらって幸せ♪

など、
幸せと感じるには何らかのイベントが発生しなければならない
と思ってしまいがちですよね。
でも、果たして本当にそうでしょうか?

前回のテーマ「感謝する、ということ。」に通じるものがありますが

目の前の小さなことを「幸せ」に感じること
つまり、「幸せ」の感度を低くすると、実はたくさんの「幸せ」に満ちあふれていることに気付きませんか?

道ばたに可愛い花が咲いていて幸せ♪
働いて給料をいただけて幸せ♪
自分の足で歩けて幸せ♪

何でもいいんです。
目の前で当たり前に起こっている出来事をすべて幸せと思えれば☆

しかしながら

花が咲いていなければ不幸
働かなければ不幸
自分の足で歩けないのは不幸

など
○○できれば幸せで、できなければ不幸
と考えないでいただきたいのです。

できないことを数えだしたらキリがないです。
だからこそ、小さな「幸せ」を数えたほうがいいと思うのです☆

弊社の行動指針
「常に明るく前向きに、素直な心で仕事をする。」
の解説に、こんな言葉が書いてあります。

物事を否定的に見たり、批判ばかりしてはなりません。(中略)
否定的なことばかり考えているとその心が本当に不運を呼び寄せてしまいます。

不幸なことばかり数えていたら、どんどん不幸になっちゃいますよね↓
でも、幸せなことを数えていれば、自然と幸せなことに意識が向いていって
どんどん幸せ方向に進んでいけると思います♪

毎日、小さな幸せ探しをしてみてはいかがですか?
いつか大きな幸せにたどり着くかもしれませんよ^ ^

「幸せ」については、もうひとつ書きたいことがありますので、また次回に。

本日もスタッフブログを読んでいただき、ありがとうございます!

感謝する、ということ。

こんにちは、スタッフ髙橋です^ ^

2015年が始まって半月が過ぎました。
さすがにお正月気分は抜けきりましたでしょうか?
我が家では昨日ようやく、鏡開きしたお餅を食べ終わりました(^^;;
これでお正月終了といった感じですね。

なす川くんカレンダーのダウンロード配信、多くの方にご利用頂いております!
ダウンロードしてくださった皆さま、ありがとうございます!
お茶の間になす川くんが浸透していると思うと幸せです☆

さて
2015年は「ポジティブワード」をテーマに掲げてブログを書いていきます。
今回とりあげるのは、「感謝する」ということです。

すなわち、「ありがとう」ということですよね^ ^

弊社の行動指針にも
「利他の心を持ち、感謝の気持ちは言葉で表す」とあります。

些細なことでも「ありがとう」と言われると、嬉しいですよね。
でも自分から「ありがとう」と言うのは、どこか気恥ずかしい感じがして、思っていても口には出しにくいものです。
ありがとうと思っているだけでは何も伝わらない訳ですから、言葉で伝えたほうがお互いに良い気分になりますよね☆

そして身近な人への感謝の気持ちは、「当たり前」という気持ちにすり替わってしまうこともあります。

毎日ご飯が食べられるのは、それを作ってくれる人がいるから。
お店で欲しいものが買えるのは、それを作っている人、売っている人がいるから。
毎日働いてお給料がもらえるのは、そこに仕事があってお客さまがいるから。
人は人に支えられて生きていますね!金八先生も言ってました☆

当たり前と思えることも、実は当たり前ではないのだということ。
東日本大震災で、インフラが滞った時に痛感しました。
電気が使えること、蛇口から水が出ること、物流が整っていることのありがたさ。
すべてそれを動かしている人たちがいるからこそですよね。

そういえば明日は、阪神淡路大震災から20年の日ですね。
朝起きてテレビを見たときの衝撃は、今でも忘れられません。
当たり前に感じている「いつもどおりの今日があること」にも感謝!ですね。

今日は、身近な人に「ありがとう」を伝えてみてはいかがですか♪

今日もスタッフブログを読んでいただき、ありがとうございます!

ポジティブワード☆

こんにちは、スタッフ髙橋です^ ^

先週の金曜日は、弊社毎年恒例の新年会でした!
お腹いっぱいの美味しいお料理にお酒、クジ引き抽選会もあり
社員一同わいわいガヤガヤと楽しいひとときを過ごしました。

「コミュニケーションデザイン」を謳う弊社ですので
社員が顔を合わせてコミュニケーションを図るのは大切ですよね!

さて、2015年も始まって半月近く経ちますが
私個人としての抱負を書かせていただきますね☆

先ほど、仕事の資料集めでネット徘徊していたときに偶然見つけた
アサヒコミュニケーションズ」さんのサイト。
こちらの「伝わる研究所」の中で書かれていた「ポジティブに伝え続ける言葉選び。」という記事に共感したので、勝手ながら紹介させていただきます。

病気になって手術を受けるとなったときに医師から

「99%の確率で成功します。」と言われるのと、
「1%の確率で死亡します。」と言われるのでは、

確率は同じなのに、受け取る側の気持ちとしては
とても大きな違いがありますよね。

と書かれているように
人は言葉の選び方ひとつで、同じ事象を
ポジティブにもネガティブにも捉えることができるのですよね。

それならば、少しでもポジティブな言葉を選んでいけばいい☆

「〜しちゃダメ」「〜は良くない」とネガティブな縛りを設けるより
「どうすればいいか」の提案を考えた方がいいと思うのです。

子どもをしつけるとき
10のうち9つ出来なかったことを叱るより、
1つ出来たことを褒める方がどんどん伸びるそうです。
それって、大人になっても同じですよね^ ^

出来なかったことを叱られ続ければ
自分は何をやってもダメなのだと、やる気をなくしてしまいます。
これでは、ネガティブのスパイラルに陥ってしまいますよね。

やっぱり褒められた方が嬉しいし、俄然モチベーションも上がります。
出来たことを認められると、次はもっと頑張ろうと思えますから。
ポジティブのスパイラルに乗れば、きっと自分も周りも成長できますよね♪

アサヒコミュニケーションズさんの記事にはこんなことも書いてありました。

アサコミでは、クルー全員が必ず携帯しているものがあります。
それは、会社のルールブック「asahi style」です。

「禁止事項マニュアル」としてのネガティブなルールブックではなく、
「目標達成マニュアル」としてのポジティブなルールブック。

ポジティブなルールブック!なんて素晴らしいのでしょう!
弊社でも、こんな素敵なルールブックを作ってみるのもいいかもしれませんね!

そんな訳で、スタッフ髙橋の今年の抱負は「ポジティブワード」です。
2015年のスタッフブログはポジティブワードで埋め尽くしたいと思いますので
是非ともご愛読のほどよろしくお願いいたします(*^ ^*)

新年☆

こんにちは、スタッフ髙橋です^ ^
2015年も吉田印刷スタッフブログをよろしくお願いいたしますm(_ _)m

年末にダウンロード配信を開始した、なす川くんのカレンダー
多くの皆さまにダウンロードして頂き、ありがとうございます!
お部屋の壁や机の上などで、きっとお役に立てていることと思います☆
1年間、ご活用いただけますと幸いです!

ツイッターをされている方は、是非 「#なす川くんカレンダー」で
完成したカレンダーをアップしてくださいね♪
フェイスブックページへの投稿もおまちしております☆

なす川くんのツイッターは→こちら
吉田印刷フェイスブックページは→こちら

そしてまだダウンロードしていないという、そこのあなた!
今度の三連休あたりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
なす川くんサイコロカレンダーのダウンロードは→こちら

さて、今日は七草の日ですね。

「せり なずな
 ごぎょう はこべら
 ほとけのざ
 すずな すずしろ
 これぞ七草」

私はこれを数年前に「サザエさん」の波平さんに教わりました。
五・七・五・七・七のリズムで覚えると覚えやすいですね♪
それでも毎度この七つのどれかを忘れてしまいますが^^;;

最近はスーパーなどでセットが売られているので
比較的七草を手に入れやすい環境だと思うのですが
皆さんは七草がゆを作って食べていらっしゃるのでしょうか?
ちなみに私は食べたことがありません。

東北地方にはもともと七草がゆの風習がないのでは?
と思い、ウィキペディアを覗いてみたのですが
岩手にも七草がゆというものは存在するものの、上記のような七草ではなかったり
秋田や青森では「けの汁」、山形では「納豆汁」だったり
私の故郷(岩手県沿岸部)では、お雑煮と同じものを食べるという風習だったり。
各地の七草がゆの違いが見られておもしろいです。

ちなみに私の故郷のお雑煮の食べ方は
大根・人参・ごぼうなどの入ったお汁にお餅を入れ
そのお餅を別添えのクルミだれにつけて食べます。
この食べ方は宮古・下閉伊地域では一般的なものですが、
内陸の人たちにはなかなか受け入れられません^^;;
美味しいのになぁ。

七草がゆを食べるのは
正月に飲み食いし過ぎた胃を休めるため、とも言われていますので
このお正月に飲み過ぎたという方は、今日を休肝日にしてみるというのはいかがでしょう?

かくいう私も食べ過ぎの毎日だったので、
今日は控えめに食べたいと思います^ ^

卓上カレンダー!

こんにちは、スタッフ高橋です^ ^
本日は天皇誕生日で祝日ですが、弊社は毎年恒例の出勤日となっております。
師走の追い込みもあと数日!
クリスマスに忘年会に大掃除に年越しと、慌ただしくも楽しい季節ですね☆

さて、弊社では毎年オリジナルの卓上カレンダーを作成して、
お得意先様にお配りしております。

普段、お得意先様しか見られない卓上カレンダーの全貌を
今回は特別にご紹介いたします^ ^

毎年、写真を使ったデザインだったのですが
今年は全面的にリニューアルを行いました!

hyoshi1

なんと、なす川くんのカレンダーになったのです♪
しかもA5サイズと大きくなって見応えアップ!

hyoshi2

表紙を裏返すと、弊社の営業カレンダーになっています。

2枚目には、カレンダーの使い方の説明が。

hyoshi3

「ミシン目から切り離しても使えるんだなっすー☆」(なす川くん:談)

hyoshi4

2枚目の裏には、なす川くんとおトモちゃんの紹介。
ぬり絵になっているので、大人も子どもも楽しめますね♪
「完成したぬり絵を、TwitterやFacebookに投稿していただけると嬉しいんだなっすー!」(なす川くん:談)

01_02gatu

03_04gatu

こちら1月から4月のカレンダーです。
全体がシアン(水色)とマゼンタ(ピンク)の2色印刷になっていて、カレンダー部分は4か月ごとに印刷する紙の色を変更しました。
使用したのは「紀州の色上質」こと北越紀州製紙さんの色上質紙です。

こちらは「もえぎ」という紙色を使用。
だんだん春に向かっていく感じの暖かみのある緑色です。

01_04ura

裏面はメモ欄になっています。
「カレンダーとメモをならべて使えばとても便利だなっすー♪」(なす川くん:談)

05_06gatu

07_08gatu

05_08ura

5月から8月には「ピュアライトブルー」という、さわやかな印象の紙色を使用しました。

09_10gatu

11_12gatu

09_12ura

9月から12月は「銀鼠(ぎんねず)」というシックな色。
グレーの中にもどこか暖かさが感じられる色です。

印刷しているインクの色はすべて同じなのに、紙の色によって見え方が違うのだということを表現したいと思い、[2色印刷×色上質]というコンセプトで作成しました。

お客さまが考える印刷物のヒントの手助けになれば幸いです!

カレンダーとしての使い勝手は、
日付の数字(玉)を小さめにして、予定などを書き込めるスペースを大きめにとりました。
上質紙なので、鉛筆でもボールペンでも、書き心地が良いですよ^ ^

裏のメモは、16行×2列になっていて、2行または1行×2列で1日のスケジュールが書き込めるような作りになっています。
ご自身の使い勝手に合わせて使ってくださいませ☆

こんな便利な卓上カレンダー、お得意先様だけにお配りするのがもったいないくらいです(^^;;

ぜひとも譲って欲しい!という方
また、2016年のカレンダーはこんな感じで作成したい!というお客さまは、お気軽に弊社までお問い合わせくださいませ!
なお、卓上カレンダーは数に限りがございますので、品切れの際はご了承願います。

サイコロカレンダーも、絶賛ダウンロード配信中です!
こちら←もよろしくお願いいたしますm(_ _)m